B型肝炎について

人間を苦しめている感染症はたくさんあります。
かつては特定のウイルスの感染によって数百万人単位で人が死ぬような時代もありました。
現代では、抗生物質が発見されており、これによって、多くのウイルスの脅威から人間は解放されました。
しかし、未だにウイルス感染症は存在しており、その中の一つとしてB型肝炎は問題視されています。


日本にはB型肝炎の保有者が150万人程度いるとされています。
そして、その中の1割の人が肝炎を発症しています。
慢性肝炎や肝硬変となったり、肝細胞癌にまで進行することもあります。
ただし、ほとんどの方は自然治癒しています。
肝炎ウイルスには色々な種類があり、日本に従来存在していたジェノタイプCに関してはそれほど危険性は高くなかったのですが、ジェノタイプAのウイルスの感染が広まりつつあります。
こちらは危険度が高いため、現在日本ではB型肝炎ウイルスへの警戒が強められています。


基本的にB型肝炎は血液を介することで感染します。
輸血や臓器移植、性行為などによって感染します。
かつては輸血による感染が多かったのですが、現在ではほとんど見られません。
最近では、薬物利用者による注射針の使い回しは性行為による感染が増えています。
発症してしまうと危険性の高いB型肝炎ウイルスに関してどのような治療法があるのでしょうか。
また、特効薬は存在するのでしょうか。
当サイトでは、B型肝炎にかかった際にどんな治療が行われるのかを解説します。


●特選サイト
B型肝炎にかかると給付金を受け取ることが出来る場合があり、給付金の受け取る手続きなどを代行してくれるサイトです・・・B型肝炎 給付金